忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

あおむけにさえなれいほどの腰痛と足の激痛がひざゆらしで解消

腰の調子が悪くなったのは、2012年のことでした。腰の右側から右足にかけて、1日じゆう痛むようになったのです。右足は、痛みに加えて、全体的にしびれもありました。

いちばんひどかったときは、あおむけになることもできませんでした。横になり足を伸ばすと、とたんに腰が痛み出すのです。私は、保育士の仕事をしていましたが、このような状態ではとても続けられません。

仕事で、子供を抱き上げたりするたびに、腰がひどく痛むのです。そんなとき、知り合いが紹介してくれたのが、ひざゆらしでした。

2012年12月に先生のところで診察してもらったところ、私の腰や足の痛みの原因は、体のクセにあるといゝつことでした。私は、体の右側ばかり使う傾向があるというのです。確かに指摘されて気がつきましたが、かばんなどはいつも右肩にかけています。こうした日常のクセが、体にゆがみを生じさせ、痛みやしびれにつながっているということでした。
先生からは、左を意識して使うようにと指導され、加えて、体のゆがみ矯正に役立つエクササイズとして教わったのが「ひざゆらし」です。

私は、ひざゆらしを毎晩、寝る前に行うようにしました。時問にすると、だいたい5分くらいでしょうか。それから、毎日ひざゆらしを続けたところ、腰や足の状態は少しずつよくなっていきました。日常生活では、かばんを左一屑にかけるように心がけたり、いつも右足から上がっていた階段を、左足から上がるようにしたりして、体の左側を意識して使うようにしたのです。年が明け、春先になるころには、腰と足の痛みはほとんど感じなくなるまでに回復。

今では、腰と足の痛みは全くありません。足がしびれることもなくなりました。子供を抱き上げても、なんの痛みもなく、今でも保育士を無事に続けられて、ほんとうにうれしいかぎりです。


腰の右側から右足にかけての痛み、右足のしびれは、体のバランスのくずれから生じていたのでしょう。ひざゆらしを継続して行うことで、股関節のゆがみが矯正され、体のバランスが整いました。それが、痛みやしびれの解消につながったと考えられます。
その股関節痛、切らずに治せます! (ビタミン文庫) [ 矢野英雄 ]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

その股関節痛、切らずに治せます! (ビタミン文庫) [ 矢野英雄 ]
価格:1439円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)


変形性股関節症は、進行性の病気で治らない、いずれは手術しかない、といわれています。しかし、その「常識」とされていることは、ほとんどが間違いです。本書の著者は、変形性股関節症の保存療法の第一人者です。これまでに2000人を超える患者さんを診るなかで、手術を勧めたのは、1%以下。大多数が手術をしない保存療法で、股関節症を改善しています。本書では、股関節を切らずに治すための大事なルールを紹介しています。レントゲン写真とともに、80歳を過ぎて軟骨が再生した症例なども多数掲載。股関節痛に悩むかたへ、大変に親身な内容となっています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R