忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

注射でも効かなかった膝の痛みが「ひざゆらし」で改善

私がひざの痛みに悩まされるようになったのは、30〜40代のころです。最初は、整形外科でひざに注射を打ってもらうと、痛みはすぐに引きました。

ところが、年を重ねるにつれて、だんだん注射が効かなくなつてきたのです。そして症状はさらに悪化していき、60歳を過ぎたころには、注射をすると、かえって痛みが増すようになってしまいました。
もともと、痛かったのは左ひざでしたが、そのうち右ひざも痛むようになっててきました。

左ひざをいつもかばつているうちに、右ひざに負担がかかってしまったのでしょう。両足のひざがひどく痛むので、ひざを曲げることができなくなりました。正座など、とうてい無理です。まともに歩くこともできず、杖を突いて歩くのがやっとでした。

ひざで困っていると知人に話したところ、その知人が紹介てくれたのが、ひざゆらしの先生でした。
今から6年ほど前のことです。早速、先生に診てもらい、その場でマッサージをしていただきました。足腰を使わない生活を続けていたため、そのときの足腰の筋肉は、すっかり硬くなってていたようです。
それが、通院するうちに、だんだんと筋肉がほぐれてきたのです。先生からは、治療に加え、自宅で行える「ひざゆらし」を教えてもらいました。それからは、空いた時問に、ひざゆらしを行うようにしました。
自宅でのひざゆらしに加えて、城戸先生のところでの治療の効果もあったのでしょう。気がついたころには、杖なしでも20〜30分くらい歩けるようになっったのです。

今では、両足ともに膝の痛みは感じません。

以前に比べると、ひざを大きく曲げられるようになりました。積極的に外出するようにもなり、気持ちの面でも、物事を前向きに考えられるようになったと思います。これも、長年の悩みだった、ひざの痛みが改善したおかげでしょう。
その股関節痛、切らずに治せます! (ビタミン文庫) [ 矢野英雄 ]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

その股関節痛、切らずに治せます! (ビタミン文庫) [ 矢野英雄 ]
価格:1439円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)


変形性股関節症は、進行性の病気で治らない、いずれは手術しかない、といわれています。しかし、その「常識」とされていることは、ほとんどが間違いです。本書の著者は、変形性股関節症の保存療法の第一人者です。これまでに2000人を超える患者さんを診るなかで、手術を勧めたのは、1%以下。大多数が手術をしない保存療法で、股関節症を改善しています。本書では、股関節を切らずに治すための大事なルールを紹介しています。レントゲン写真とともに、80歳を過ぎて軟骨が再生した症例なども多数掲載。股関節痛に悩むかたへ、大変に親身な内容となっています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R