忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満といった現代病を薬いらずにしてくれる発酵黒豆エキスのパワー

活性酸素を強力に取り除く黒豆ポリフェノール

近最近、頻繁に耳にする「生活習慣病」。発症や進行が、食生活や運動不足などふだんの生活習慣に起因している病気で、とにかく急増しています。

生活習慣病の代表は、「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」「肥満」の4つです。これらが重複すると命にかかわる危険が増すので「死の四重奏」ともいわれています。厚生労働省によれば、日本人の3分の2近くが、生活習慣病が関係してなくなっています。

そんな生活習慣病に陥っているかどうかについて、判定が下されるのが、定期的な健康診断です。すべての数値が基準値内におさまっていれば安心ですが、それをかなり超えていたら、厳重に生活指導を受けたり、投薬を勧められたりします。

しかし、薬を飲んでも、血糖値や血圧の数値がなかなか下がらず、どんどん薬がふえていく人も少なくなくありません。多くの人が薬で改善しないのが実情です。

そこで、ぜひ試していただきたいのが、「発酵黒豆エキス」です。これを続けて飲むことで、健康診断の数値が改善ている人がたくさんいるのです。
発酵黒豆ドリンクの使用感と効果(血糖値、血圧、コレステロール)では実際に飲んで改善した体験談が紹介されています。

昔からから体にいいといわれ、漢方で「黒豆衣(こくずい)」と呼ばれてさまざまな病気の治療に用いられてきました。

近年では、複数の研究を通じ、多くの薬効成分を含んでいることが、科学的にも解明されています。どんな成分が含まれているのでしょうか?

ひとつめがアントシアニン。ポリフェノールという色素の一種で、体内で発生する過剰な活性酸素を強力に取り除く働きがあります。
現代人は、紫外線や大気汚染、農薬、添加物、喫煙、ストレスなどの影響から体内に活性酸素をためこみやすくなっています。

それが酸化し、細胞や血管を傷つけることで、さまざまな病気が発症するのです。そこで、アントシアニンをとれば、活性酸素の酸化を防ぎ、傷ついた細胞が修復され、過剰な活性酸素を除去してくれます。
そして、傷んで弾力を失った毛細血管にしなやかさが戻り、高血圧や動脈硬化が改善します。

次がカリウム。高血圧を助長する過剰な塩分を体外に排出する作用があり、高血圧の予防に役立ちます。
発酵黒豆エキスで高血圧を改善する人が多いのですが、この豊富なカリウムが余分な塩分を排泄してくれる作用によるものです。
[レポート]発酵黒豆ドリンクでやっと血圧がさがり降圧剤も不要になった

次がサポニン。コレステロールや中性脂肪をへらし、血流の向上に働きかける作用があります。

他にはレレシチン、オリゴ糖、イソフラボンと数々の健康にいい成分がつまっているのです。

最後に発酵により新たに生まれる成分としてアミノ酸があります。発酵により黒豆のたんばく質が分解され、多くのアミノ酸が生成されます。その含有量は、一般の黒酢の2倍以上もあります。アミノ酸は、血管や内臓の新陳代謝に不可欠な成分。血流も促進され、体の代謝が高まり、メタボの改善に役立ちます。

PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R