忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

腰のだるさが解消

10年ほど前、お米の袋を持ち上げようとした私は、ギックリ腰になっててしまいました。その強烈な痛みは10日ほどでなくなりましたが、それ以来、腰痛に悩まされるようになったのです。
腰は常に垂だるい状態で、掃除機をかけたり、台所仕事をしたりなど、立ち仕事をしていると腰に鈍痛を感じます。また、少し腰を曲げた姿勢を続けると、腰が固まったようになり、伸びなくなります。

整形外科や接骨院に通い、牽引や痛み止めの注射、マッサージ、鍼など、さまざまな治療法を試しました。注射や鍼は、やった直後は腰の調子はよくなります。しかし、3日もすると元のとおりになってしまうのです。
さらに最近になって、長い時問歩いていると、左足のつけ根が痛くなり、足を少し引きずるようになりました。痛みは自覚していましたが、足を引きずるのは知人にいわれて初めて気がつきました。

そんなときに「足の甲刺激」を勧めていただきました。先生には、左足の甲の何カ所かを刺激していただきました。もちろん、これまで足の甲を刺激されたことは1度もありません。初めて、先生に足の甲を刺激されたときは、痛みで飛び上がるほどでした。ところが、刺激が終わってその場で歩いてみると、腰の垂だるさがすっかりなくなっていたのです。腰から足が軽くなり、スタスタ歩‥けます。心なしか、腰の辺りがフワッと温かくなつたような気もします。腰も足も、気分までも軽くなって帰宅しました。帰宅後は家事をいろいろこなしましたが、自分のものとは思えないほど、腰が軽くて家事も楽にできたのです。

治療の効果は、その日だけのものではありませんでした。次の日も、またその次の日も腰のだるさを感じなかったのです。それまでだと、「そろそろ腰が痛くなってくるな」と思うほど、掃除や洗濯、台所仕事を続けても、痛みはもとより、腰を重く感じることもありません。腰も気持ちもこんな軽やかな毎日は、ギツクリ腰以来10年ぶりのことです。とにかく、何をするにも楽なのです。腰が気になってしかたがなかった生活から解放してくれた、足の甲刺激にはとても感謝しています。

腰痛は、日本人に非常に多く、国民病ともいえます。特に、「腰が常に重だるい」「ズンとした鈍痛がいつもある」など、日常的、慢性的な腰痛に悩まされている人は多いものです。
しかし、このような腰痛は、腰自体には原因がないことがほとんどです。
ギックリ腰を患った経験があります。このような経験をしたために、意識するしないにかかわらず、腰の痛みが出ないよう回避動作をしていました。
日常的に行っていたため、歩行時に、左足で正しい巻き上げ運動ができていませんでした。その結果、左足に不合理な負担がかかり、それがすねや太ももの筋肉を経由して伝わり、腰痛を引き起こしていたのです。また、年齢的にも筋力が衰える時期だったため、不合理な負担に耐えることができずに、ギックリ腰に引き続く形で腰痛が現れました。足のつけ山根の痛みも、負担に耐えきれなくなったためです。日常的、慢性的な腰の痛みにも、足の甲刺激は効果を発揮します。

慣れないうちは、刺激するポイントを特定するのが難しいかもしれません。その場合、指先で少し広い範囲を刺激してもけっこうです。
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R