忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

アトピー性皮膚炎専用のスキンケア「美肌精油ジェル」日頃のスキンケア次第ではステロイドも最小限に

免疫力低下による肌の炎症や乾燥、かゆみ

アトピー性皮膚炎は今や国民病の1つと言ってもいいかもしれません。しかし、日本にアトピー性皮膚炎の患者がどのくらいいるのかについては、詳細な統計調査は行われておらず、今のところ推計になります。
現状では、国民の約 1 割がアトピー性皮膚炎に罹患していわれていますが、実際はもう少し多いかもしれません。まだ、アトピーとは診断されない状態の乾燥肌や敏感肌なども含めると結構な数になってしまいそうです。

そしてこれからの梅雨の時期は、アトピーを悪化させるカビが発生しやすい時期を迎えます。これで完全に治った!という状態は少ないため上手につきあっていくことが大前提ですが、アトピーとはわからない程度にまで安定させることは可能です。自分がアトピーだったことさえも忘れてしまいそうな位にまで状態を寛解領域にもっていくことは可能です。

生活習慣が乱れたり、睡眠不足が続いたりということがあると一時的にひどくなったりかゆみが強くなったりはありますが、上手にケアしていくことでステロイドも限りなく少量でコントロールできるようになります。
これは、普段のスキンケアがとても重要となります。

ステロイドも一時期的に仕事が忙しくてアトピーによる肌荒れがひどい時にだけ使う方法までもっていくことができれば一番よい形かと思います。

アトピーを悪化させる原因

  1. 腸内細菌の減少に伴う腸内環境の悪化偏食などによって腸内環境が悪化すると、アトピーを発症しやすくなります。(アトピーの子供の腸内には乳酸菌が極端に少ないことがわかっています。腸には全身の免疫力の5割の細胞が存在しています。腸内環境のバランスが崩れるのは肌にも大きく影響します。
  2. 皮膚のバリア機能の崩壊肌は表面を覆う皮脂膜とその下の表皮によって保護されています。皮脂膜は薄い油の膜で水分の蒸発などを防いでいます。免疫力の低下や老化がすすむと皮膚膜が薄くなり水分や油分が失われ、角質層の細胞間に隙間ができます。これが皮膚のバリア機能の崩壊です。こうなると、ダニや細菌が簡単に角質層を通って侵入し、かゆみや炎症の原因になります。
  3. 炎症・かゆみの悪循環皮膚のバリア機能が壊れて炎症が起こると肌の新陳代謝が阻害され肌は乾燥します。肌の乾燥はかゆみを招き、そこで肌をかくとさらに炎症が強くなります。
  4. 黄色ブドウ球菌の定着
  5. アトピーに悩まされる人の9割に肌に黄色ブドウ球菌がすみついています。健康な肌は、皮脂膜を弱酸性に保ち、有害な細菌の繁殖を防いでいますが黄色ブドウ球菌に感染すると、肌はアルカリ性になり、細菌が繁殖してアトピーの症状を悪化させます。
アトピーの発症~悪化を防ぐためには、アトピー用に考えられたスキンケア商品で肌にストレスを与えずにケアをすることがとても重要です。 そして『洗浄・抗菌・保湿』を基本とする美肌精油ジェルでのスキンケアが最適です。
皮膚のバリア機能を高め、肌の炎症、乾燥、かゆみといった悪循環を高めることができるでしょう。

美肌精油ジェルはこちら
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R