忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

ビルベリーエキスは緑内障にも効果あり!

日本人は正常眼圧型の緑内障になりやすくわずかな眼圧の変化でも視神経が傷ついてしまうタイプが多い

ある地方の査によると、40歳以上の5%が緑内障になっていることがわかり、さらに年を重ねるほど患者さんの数は増加していきます。

緑内障について詳しくはこちら

緑内障は、視神経が傷つくことによって起こる病気です。視神経は、目の網膜に映った視覚の情報を脳に届ける働きがあります。そのため、視神経が傷つくと見える範囲(視野) が狭くなってしまい、徐々に視力も低下します。

視神経が傷つく最大原因は、眼圧です。眼球の内部では、内側から外側に向けて常に圧力がかかっており、健康な人の眼圧は10~21ミリ水銀柱に保たれています。眼圧は、房水という眼球内で作られる液体によってコントロールされています。

ところが、房水の排出口である線維柱帯という組織がつまると、房水がスムーズに排出されなくなります。
その結果、眼圧が高くなって視神経が傷つき死滅します。傷ついた視神経は二度と元に戻らないため、欠けた視野も回復することはありません。

欧米で強度近視や網膜症、眼精疲労(重度の疲れ目) などに対する医薬品として利用されてきたビルベリーを、緑内障治療の補助として使えないかどうか模索してきました。

緑内障の患者さんに、ビルベリーの有効成分を抽出したビルベリーエキスを飲んでもらう試験を行いました。その結果、4ヶ月後には眼圧が平均17.98ミリ水銀柱から平均15.27ミリ水銀柱と、2ミリ水銀柱も低下したことがわかったのです。

眼圧が基準値域内であってもさらに下げることは、緑内障の進行を食い止める最大の要因です。日本人の場合、眼圧が高くなくても緑内障になりやすいといわれています。緑内障の患者さんの大半を、眼圧が基準値域内にある「正常眼圧緑内障」が占めているという報告もあります。

正常眼圧緑内障は、強度近視の人がなりやすい病気です。近視が強くなると眼軸長(角膜から網膜までの長さ) が伸びて、眼球は前後に長くなります。
すると、網膜が長く引き伸ばされて薄くもろくなり、網膜の細胞とつながっている視神経の血流が悪化します。

眼圧が少し高くなっただけでも視神経は傷つき、緑内障になるのです。さらに、血流の悪化も緑内障の原因と考えられています。

ビルベリーエキスで目の血流が活発にり視神経の働きも向上して眼圧は大幅に低下

全身の血流が悪くなると、酸素や栄養が末梢の血管まで十分に行き渡りません。眼底にある視神経にも酸素や栄養が不足し、傷つきやすくなるのです。

実際、低血圧や冷え症の人は、全身の血流が悪いために、緑内障になりやすいのです。

最近では、糖尿病が原因で緑内障になる患者さんも増えています。糖尿病の合併症である糖尿病網膜症についてお話ししました。糖尿病網膜症が進行すると、血流がとだえて栄養不足になった網膜が酸素や栄養を取り入れようとし、新しい血管(新生血管)を作りはじめます。
網膜だけで、虹彩や毛様体という組織にも新生血管ができると、房水の排出口が狭くなってふさがれ、房水が排出されなくなってしまいます。 その結果、急激に眼圧が上昇して視神経は傷つき、血管新生緑内障という糖尿病が原因の緑内障が起こるのです。

強度近視や糖尿病による緑内障の患者さんが、治療と併用してビルベリーエキスを飲んだところ、眼圧が低下して視力が向上したという人も多数いらっしゃいます。 ビルベリーに含まれるアントシアニンには、血液の凝固を抑えて血流をよくする働きや、血管を強くしなやかにする働きのあることが、動物実験で確かめられています。

ビルベリーエキスに含まれる『アントシアニン』が目に効くということなので例えば、ビルベリーやビルベリー、アサイーベリーなどが効果的です。
ビルベリーエキスを飲んで目の血流がよくなれば、酸素や栄養が網膜や視神経まで十分に行き渡るようになり、眼圧が低下しやすくなるのです。緑内障の進行を抑えるには、眼圧が基準値域内であっても、さらに20% 低下させることが大切です。そうすれば、緑内障になって10年以上が過ぎても、ほとんどの患者さんの進行は抑えられます。 ビルベリーはこちら。
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R