忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

ビルベリーエキスは網膜を強化し、網膜症を改善する

高血糖が続くと網膜の動脈硬化がすすみ失明の危険度があがる

糖尿病の患者さんが増えるにつれて、糖尿病網膜症になる人も急激に増えています。目に生じる糖尿病の合併症としては、最も起こりやすい病気です。

網膜症は、私たちがものを見るときに、光の明暗や色を感知する網膜が傷む病気です。血糖値が高い状態が長く続くと、網膜の毛細血管は少しずつ傷ついたりして、動脈硬化を起こしてしまうのです。

糖尿病網膜症は進行過程によって、単純網膜症、前増殖網膜症、増殖網膜症の3段階に分けられます。

単純網膜症

高血糖が続くと網膜の毛細血管がもろくなり、血管からにじみ出た血液が網膜にしみついては斑点(白斑)を作ったり、ところどころで小さな出血(点状出血)が起こったりします。こうした異変が起こっても視力に影響がないため、目の異常に気づくことはほとんどありません。単純網膜症の段階で血糖値が下がれば、網膜症を治すことは十分可能です。

前増殖網膜症

糖尿病の治療を怠っていると網膜症が進行し、白斑と点状出血はさらに増えるようになります。ところどころで網膜の毛細血管がつまりだします。この段階になると、目のかすみを感じる患者さんもいますが、自覚症状の現れない人がほとんどです。

増殖網膜症

網膜の毛細血管がつまって、網膜に栄養や酸素を運ぶための新生血管が作られます。新生血管は、硝子体にまで伸びて増殖します。ここまですすんでも目覚症状はほとんど現れません。ところが、硝子体にできた新生血管が破れて出血を起こすと、視力が急激に低下してしまい、初めて異常に気づく患者さんも少なくないのです。血糖値をコントロールしても症状は治まらず、失明の危険も高まります。

ビルベリーキスで網膜の動脈の血流量が大幅に増え障害が軽快

糖尿病と診断された人は、少なくとも半年に1回は眼科を受診して、糖尿病網膜症の予防に努めてください。さらに、網膜の動脈硬化を防ぐことも大切です。糖尿病の患者さんにビルベリーの有効成分をとることをすすめています。ビルベリーは、スウェーデンなどの北欧に自生する野生種のブルーベリーのこと。

ビルベリーは、1970年代から欧米で網膜症に対する医薬品として利用されてきました。ビルベリーには、アントシアニンという強力な抗酸化カを持つ色素成分が、極めて豊富に含まれています。アントシアニンをとれば、目の血流量が大幅に増えて網膜の動脈硬化が改善されます。

私は、視力障害を訴えて来院した52~72歳の患者さん38人に、ビルベリーから有効成分を抽出したビルベリーエキスを半年間にわたって飲んでもらいました。その結果、全員の網膜動脈の血流量が大幅に増え、視力障害も軽快したことがわかったのです。
網膜の動脈硬化が改善されれば、糖尿病網膜症の進行を抑えることも十分可能です。
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R