忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

足の中指回しでひざと足首の痛みがすっかり解消、正座もできるようになった

正座ができずに座敷でも中腰

5年前のある日のことです。庭で石につまずいて、左足をひねってしまいました。ユよくるぶしの辺りが腫れて痛みましたが、「そのうち治る」と病院には行かず、湿布を貼って放置しておきました。

ところが、いくら経っても腫れは引かず、動かすと痛い状態が続いたのです。以前から、階段の上り下りや正座をするときなど、ひざが痛むことはありましたが、足首の痛みは比べ物にならないほど、ひどいものでした。

階段は手すりにつかまって、1段ずつしか上り下りできず、平坦な道でも、そろそろとしか歩けません。困ったのは、仕事中でした。私は割烹料理店を営んでおり、私が料理、娘が配膳をしていました。
なじみのお客様が来店すると、私はお座敷に伺って正座でご挨拶をします。ところが、ねんざをしてからは正座ができず、失礼とは思いながら、中腰で挨拶するしまつでした。

ただ、日常生活に支障を来すほどでもなく、仕事も忙しかったので病院には行かず、ごまかしながら過ごしていました。転機が訪れたのは、昨年の暮れも近くになってからです。歯医者に行ったときに健康雑誌で「足の指回し」という健康法を見つけました。足の指を回すだけで、体のいろいろな痛みが消えるということだったので、早速実行しました。

やり方は簡単です。足の中指をつまんで、ペットボトルのふたをひねるように、左右にタルクルと10回くらいずつ回します。仕事の休憩時問や、家でくつろいでいるときなど、1日に何回も回しました。すると、重かった左足が軽くなり、階段を上るのが少し楽になったような気がしました。

足の指を回した直後に腰痛が消えた人も!

今年の5月、足の指回しの考案者である先生が、私が住む長崎旧対馬市で講習会を開催すると耳にしました。会場が自宅から近く、先生の施術も受けられるLいうので、行ってみたのです。
50人ほど集まっていたでしょうか。先生は、次から次次えと、参加者の足の指を回してl、きました。私の番が来て、足爪指を回してもらったところ、驚くようなことが起こりました。

ねんざして以来、私の左足は、親指以外の4本の指が、親指側に曲がって固まっていました。それが、その場でまっすぐになつたのです。

私はうれしくて涙が出ました。ほかにも、症状が改善した人はたくさんいました。ある男性は腰痛のため、自分で靴下を脱げませんでした。それが、足の指を回し.てもらった直後に腰痛が消えて、自分で靴下をはけたのです。私は、ほかの人たちの変化を夢中で見ていました。

そして、ふと気がつくと、私は無意識のうちに正座をしていたのです。5年問できなかった正座が、問題なくできていました。足首の痛みは全くありません。

私はそれまで、足の指をしっかり回していたつもりでしたが、指の根もとの回し方が足りなかったようです。

実際に施術をしてもらってコツがつかめたので、以前にも増して、熱心に足の指を回しました。すると、足首の痛みは完全に消え、階段を手すりなしでトントンと上り下りできるようになりました。
歩き方も軽快になり、正座もできます。長年のひざ痛も、すっかり消えました。また、不思議なことですが、自然と体重が減りました。私はもともと、身長164cmに対して、体重が80kgもありました。それが、10ヶ月で10kgもやせて、今では70kgです。ウェストも10cmも細くなりました。

甘い物やご飯は減らしていないので、足の指回しの効果としか思えません。70歳になったのを機に店を辞め、今は毎日、孫の世話が仕事です。まだ小さいので、おんぶや抱っこをせがまれます。でも、足の指を回すようになってから、疲れやむくみがすぐ取れるようになりました。ほんとうに助かっています。

足の中指は、足底のアーチを整え、全身につながるセンサーです。足の中指を回して緩めると、足底のアーチが復活し、足首を動かしやすくなります。すると、連動する股関節の動きもよくなり、バランスよく立ったり歩いたりできるようになります。だいようきんそれにより、大腰筋を上手に使えるようになって、脂肪が燃焼しやすい体になります。その結果、大幅な減量につながったのでしょう。 中指回しはこちら
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R