忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

整形外科医も推奨する足の指回しで足底を鍛え転倒や猫背関節痛を予防

足の指や足底は全身の状態を表している

「足の指を回す」という健康法が、人気を集めているようです。確かに、足の指を回したり、もんだり、伸ばしたりして刺激することは、整形外科的に見ても意義のあることだと思います。

その理由を説明しましょう。私は開業前から、「リハビリに力を入れたい」と考えていました。リハビリというと、ケガから回復するための訓練を想像するかもしれませんが、私が重視しているのはむしろ、ケガを予防する体づくりです。

ですから当院では、「診断して薬を出して終わり」ではなく、必要に応じて筋肉トレーニングやストレッチなどのセルフケアをお教えしています。

当院は駅から近いこともあって、高齢の患者さんも多く見えます。症状の多くは、関節や筋肉の痛み、しびれです。腰痛、ひざ痛、股関節痛や足首の痛みを訴えるかたも少なくありません。患者さんに共通しているのは、「歩lナない」です。

当院では、「診断して薬を出して終わり」ではなく、必要に応じて筋肉トレーニングやストレッチなどのセルフケアをお教えしています。当院は駅から近いこともあって、高齢の患者さんも多く見えます。症状の多くは、関節や筋肉の痛み、しびれです。腰痛、に支障がある」ということです。

その原因がどこにあるのか、患者さんの話を聞きながら調べていきます。足底や足首に症状がある場合はもちろん、腰痛の患者さんの場合も、足の指の状態を診察しかします。下肢(足)にマヒが出ているかどうかを出調べるために、庵の横磯動きを診るのです。

そのときに、「足の内アーチ(土踏まず)がつぶれて扁平足になっている」とか、「足の裏や指にタコがある」といった情報を得られることがあります。それが、歩き方や姿勢の偏り、ひいては関節痛の原因となっているケースも少なくありません。そういった意味で、足の指や足底は、全身の状態を表しているともいえます。

足の指でふんばれないと 腰が曲がって痛みだす

私たちは皆、年を重ねるにつ れ、筋力が衰えます。足の指や足底の筋肉も、例外ではありません。特に近年、靴の機能性が高まってきたため、足の指でふんばつたり、足底で地面をけり上げたりしなくても、難なく歩けるようになりました。

そうやって靴に頼っていると、足底の筋肉はますます衰弱します。高齢者の転倒事故の多くが、自宅で起こっていることは、そのことを裏づけているのではないでしょうか。足底の筋力が低下すると、アーチがつぶれ、本来なら地面につかない部分が歩くたびに刺激され、タコやウオノメができたり、外反母址になったりします。

皆さんも経験があると思いますが、ほんの少し靴ずれができたり、足の指を深爪したりしたとき、そこをかばうため、歩き方が不自然になるでしょう。本来の歩行は、つま先を上げてかかとから地面につき、指のつけ根で地面をけり上げて、前に進みます。しかし、足の指や足底に痛みがあると、足首を動かさずに歩くようになります。いわゆる「すり足」です。

足の指や足底、足首も、ほかの部位同様、使わないとますます筋力が落ちていきます。地面をけらず、すり足で歩いていると、ふくらはぎや太ももの裏、お尻の筋肉も弱ってきます。すると、さらにつま先が上がらなくなり、すり足が助長されるという悪循環になるのです。

足の指でふんばれなくなると、かかとに体重をかけることになります。すると、バランスを取るために、上半身が前に来て、ひざと腰が曲がります。その結果、骨盤のバランスがくずれ、腰や背中が曲がって、痛みが生じるのです。高齢の女性で「ネコ背になってきた」「腰が曲がってきた」という場合、女性ホルモンの減せきつい少によって骨が弱くなり、脊椎(背骨)を圧迫骨折していることが少なくありません。一方で、脊椎に異常がないのに背中が曲がるケースもありますが、それは「足首から先の筋力低下」に起因することが多いのです。

そこで私は、患者さんに「足底を鍛えるために、足の指を動かしてくださいね」と伝えています。具体的には、足の指でグー・チョキ・パーをする「足指ジャンケン」と、床に敷いたタオルを足の指で引き寄せる「タオル・ギャザー」です。ただし、足底の筋力が低下した人にとって、この2つは難しいでしょう。ですから、まず、足の指を1本ずつ手で回したり、足の指と指の問に手の指を入れて広げたり、多方向に動かしたりして、可動域(動く範囲)を広げるところから始めましょう。

腹筋や背筋を鍛えるトレーニングと同様、足底の筋肉も、いきなり自力では動きません。最初のうちは、足の指を手で動かして、機能回復を補助してあげましょう。

体の痛みを改善するには、整形外科での治療のほかに、セルフケアが非常に重要です。簡単にでき、毎日続けやすいセルフケアとして、足の指回しはお勧めです。入浴中やお風呂上がりなど、体が温まっているときに行いましょう。
http://memodiary.wp.xdomain.jp/archives/374
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R