忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

大股開き - イス開脚で13kg減量成功

はじめて6日後に2kg減

私は高校生のときに新体操をやっていたので、十代のころから腰痛がひどく、ギツクリ腰の初体験もなんと高校2年生のときでした。
その後はいわゆる腰痛持ちになり、寒くなったり、疲れたりするたびに、年に3~4回はギツクリ腰をくり返していました。
今年の3月にも、ギツクリ腰いまぜきあきおになり、整骨院に通うようになりました。おかげさまで、1週間でギツクリ腰は治りましたが、先生からは、体重をへらさないと何度も腰痛をくり返し、ひざも悪くなるといわれました。
実際そのときには、腰痛に加えて、軽いひざ痛もあったのです。先生からは、肥満を解消する方法として、毎日、「開脚」をするよう勧められました。
私の場合は腰に問題を抱えていて、筋力もないので、立ってやる開脚ではなく、いすに座って行う開脚をやることになりました。まず、いすに腰をかけて、片方の足のひざの上に、もう片方の足首をのせます。そこから、両手で両足を抱えるようにして、上半身を前に倒せるところまで倒して10秒間静止します。反対側の足でも同様に行うことを10分間くり返します。
これを、おふろに入って筋肉が温まってからやるのです。最初の3日間くらいは、股関節がまたかたくて股がうまく開かず、体を倒して5秒間静止するのがやっとでした。
しかし、1週間もすると、無理をせず10秒間静止できるようになりました。
私は開脚をしてひざや腰が痛くなったことは1度もありませんが、やった直後の数分間だけ、骨盤の後ろ側に電気が走るような刺激を感じました。先生に聞くと、開脚が腰に効いている証拠ゼとか。これも、・慣れたころには感じなくなっていました。
また、開脚をすると例外なく体がポカポカし、私のもう一つの持病である冷え症がよくなっていきました。以前は足が冷たくて眠れないので、真夏以外は靴下をはいて寝ていました。それが、素足で布団に入れるようになったのです。
先生のアドバイスで、冷たい飲み物や食べ物を控えて、温かいもの中心の食事にしたのもよかったのかもしれません。体重は、すぐにへりました。始めて6日後には2kgもへっていたのです。その後は10週間くらい体重がへらなかったのですが、またへり始め、2ヶ月で合計6kgもへったのです。6kgの減量を境に体はずいぶん軽くなり、足腰がしっかりしました。この時点で、ひざの痛みは完全になくなっています。腰痛も軽√くなりました。歩くのが苦手だった私が、会社から歩いて帰宅するようになったのです。

人に合うたびに「痩せたね」

それからも、月に2kg程度ずつ順調に体重がへり、開脚を始めて半年後には、64kgだった体重が51kgまで落ちました。
合計で13kgも減量したので、顔は小さく、ウエストは細く、お尻も小さくなりました。12号かLだった洋服のサイズは、9号かMサイズになったのです。
以前は、「太った?」といわれることが多かったのに、人に会うたびに「やせたねえ」といわれるのはうれしいものです。体重が13kgもへると、腰もすっかり楽になります。腰に痛,みや重たさを感じることは、ほとんどなくなりました。こうして体重がへり、腰痛もよくなったので、最近は開脚を週に2回くらいのペースで行い、股関節周りや太ももの筋肉を鍛えるようにしています。以前は、朝起きてすぐには腰が痛くて寝返りが打てなかったのですが、今では寝返りを打って、すっと起き上がることができます。ギツクリ腰が起こる気配は全くありません。開脚に出会えて、ほんとうによかったと思っています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R