忍者ブログ

Review

実際に食べたり、飲んだり、試したり…感想やレビューなど。

仮性近視が1ヶ月で改善、眼鏡なしの時間も長く

眼鏡をかけたのは社会人になってからで、8年前のことです。運転免許証には「眼鏡等」とはなっていませんが、乱視もありますので眼鏡をかけて運転をします。

ただ天気のいい日にはよく見えるのですが、曇ったり、雨になったりすると物の境が消えて見えにくくなります。特に夜は見えなくなります。危険な場面に出合って何度か「はっ」としたこともありました。
これは仮性近視の症状だと思いますが、物を正確に見ようとすると、どうしてもじじーっと見つめてしまうので肩が凝ります。

目からきているので目薬を貼ったぐらいでは肩の凝りは消えません。こうした肩凝りを何日か放置しておくと、必ずといっていいほど頭が痛くなってきます。
これも市販の頭痛薬で一時しのぎをしますが、目の問題が解決していないので、た疲れが溜まるとまた肩凝りや頭痛が起こります。こうした状態をここ何年かくり返していました。

薬代もばかにはなりません。そんなときにルティンのことを知りました。ブルーベリーの名前は知っていたのですが、〜ティンの名前は、このときはじめて聞きました。それでも、ルティンが目の組織に多い成分だと聞いて、「これはいけるんじゃないか。肩凝り、頭痛も消えるかもしれない」と思い、毎日朝と夜の2回飲みはじめました。

それからまだ1ヶ月足らずですが、すでにはっきりとした効果が出てきています。すでに使いはじめていた眼鏡をかける時間がほとんどなくなったのです。かけたり、外したりと面倒なことをくり返さなくてもよくなりました。

まだ、夜の運転には眼鏡をかけますが、以前のように見えにくいということはありません。安心して人ンドルが握れます。余分な神経を使って物を見なくなりましたから、肩凝りも感じなくなりました。そのせいか肩凝りからくる頭痛も消えました。こうして、ルティンに出合ったお陰で仮性近視はもちろん、肩凝りや頭痛からも解放されたのです。これからも健康維持を考えてルティンを飲み続けていきたいと思います。 リフレのブルーベリー&ルテイン
PR

コメント

プロフィール

HN:
healthmania
性別:
非公開

P R